2016年10月10日

稲刈り2016

雨が続いた後の
さわやかな祝日。

いよいよ稲刈り。

IMG_3192.JPG


きれい

IMG_3194.JPG








広島市から
2世帯+中学生の女の子1人
世羅から2世帯参加いただき
総勢、大人6人
こども9人

IMG_3198.JPG

とにかく刈り始め。

雨が続いたため
地面か乾いていないため
(こちらのことばで「じるい」といいます)

例年より作業がしにくい。

刈った稲を置くところにも
気を使います。


お昼休み。
風が涼しく気持ちよい。

IMG_3202.JPG


お世話さんが
はでを立ててくださり



IMG_3203.JPG

午後からは
刈る人
ゆわえる人
稲を運んではでにかける人
それぞれ好きな作業をしました。

だんだん無口に‥‥。

おわるんだろうか?

誰もが不安になる中
遊んでいた子どもたちも
だんだん作業に戻って手をかしてくれました。

そのおかげで

IMG_3214.JPG


終わった〜!


あれ、はでが空いとる。

稗の猛勢により
倒れた稲も多く
昨年より3割くらい少ない取れ高になりそうです。


IMG_3206.JPG

残った稗の上に
「ハイジ?」
中2女子。
小さい子のお世話と
慣れない農作業。

お疲れさまでした。

IMG_3208.JPG

落ちた稗の実を焼いて
少しでも来年への発芽を減らそうというわけ。

IMG_3212.JPG


上弦の月が
見てくれていました。


次回は11月20日
脱穀の予定です。

お日さまたくさん浴びて
美味しくなりますように!





posted by Pikku Myy at 23:00| Comment(0) | 田んぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

草取り第4弾

先週に続き
稗取り。

お世話さんのアイデアとして
「変形田んぼの方は
来年は田植えせず稗を一旦生やして
一気にやっつける。」

それぼど稗の勢いが強い。

除草剤は入れたくない。

そういうわけで

まだ稗が少ない長細田んぼに着手。

IMG_2825.JPG

こちらは一部稗が多い場所がありますので集中して刈り取ります。

IMG_2830.JPG

今日は仕事の合間に来たので
2時間で終了です。
もう一回来たら
折り合いがつきそうです。

IMG_2833.JPG

刈った稗は
お世話さんが焼却してくださいます。

ほっとくと
種まきする事になり
近くの田んぼにご迷惑がかかりますからね。





posted by Pikku Myy at 23:00| Comment(0) | 田んぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

草取り第3弾2016

お世話さんからの電話。
「稲を育てようるんか稗を育てようるんかわからんくらいになっとる。」

出動。


IMG_2758.JPG

確かに‥‥。

IMG_2779.JPG

稗の方が背が高くなっているため重みで倒されている。

根元は

IMG_2770.JPG


今日は一人作業。
マイペースで。

穂の部分だけ摘み取ろうと思っていたのですが
刈り取ることにしました。

刈っていく端から
ポロポロ稗の実が落ちていき
まるで種まき。

だけどこのまま置いていても
落ちる実が増えるだけ。
来年の事を考えるとおそろしい。

IMG_2761.JPG

稗と稲が密接していて狩りにくいのですが。

そして
稲が並んでいないので余計にわかりにくい。
迷ういながらの刈り取り作業。

IMG_2778.JPG

場所によってはほんとに半分以上
稗だったようです。

IMG_2777.JPG

しかし
5時間の作業で
変形田んぼの4分の1程度しかできなかったです。

IMG_2784.JPG


お世話さんの庭になっていたブドウをいただきました。

疲れた体にはすっとはいる甘さ。

そして

IMG_2781.JPG



来週も頑張ろう。
posted by Pikku Myy at 23:00| Comment(0) | 田んぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。